テーマ:人生

雑司が谷 鬼子母神の夏祭り 2016

6日から始まった夏祭り、今日が3日目の最終日です。 日中の暑さから、少し解放された夕方から大変な賑わいです。 屋台がたくさん並び、久しぶりの子供達の喜びに溢れた声で、"喧騒"という言葉がぴったりです。 お好み焼き、たこ焼き、イカ焼き、あんず飴、チョコバナナ、ヨーヨー釣り、子供達の顔が輝いています。 人混みで、なかなか…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

すべての 匠カフェ に平野米三氏の金属彫刻「20の天使シリーズ」を!

アイエスエフネットという企業グループをご存じですか? グループの代表は渡邉幸義さん。 「企業における社会貢献」というテーマと真っ正面から 取り組んでいます。 私は渡邉さんはじめエネルギッシュな経営者の皆様と 創業以来のお付き合いをしています。 健常者でも就職先を探すのに大変なこの時代に 「雇用の拡大」を唱え、ニート…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

田崎真也さんは凄い! 新刊「言葉にして伝える技術」 ソムリエの表現力

池袋Libroでふと手にした本、  新刊の「言葉にして伝える技術」 ソムリエの表現力  田崎真也著(祥伝社新書2010年10月10日発行) ビジネス書のタイトルのようなので、あまり期待せずにパラ パラとページを捲り始めました。 ざっと読んでいくと 「ん!」 「なるほど、なるほど」 で、早速購入し、自宅…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

筆一本 北村宗介書法ライブ(最終回)

北村宗介の書法ライブ「筆一本」の第1シリーズが完結しました。 半年に及んだライブの最終回は、豊島区の雑司ヶ谷文化創造館にて 行われ、大盛況のうちに幕を閉じました。 昨年の夏の盛りに始めたこのライブ、緊張感一杯でスタートしましたが、 第一回のDVDを見ると私はやや薄手の白いブレザーを着ています。 今回はべっちんの黒のブレザー、季…
トラックバック:0
コメント:1

続きを読むread more

2010年の年明け、大吉3連ちゃん

2009年、大晦日の晩の異変。 いつもは簡単な携帯メールさえなかなか寄越さない息子 から突然の電話。 これから雑司ヶ谷の鬼子母神に彼女と初詣に来るので 家に寄るという。 「お父さん家にいる?」 「いつもは24時間やっている近くのスーパーへ行って みたら閉まっていたんだけれど何か食べるものある?」 といった具合。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

筆一本 北村宗介の書法ライブ(第一回)

新進気鋭の書家北村宗介の書法ライブ「筆一本」を開催した。 宗介先生には、4年ほど前に何度か阿佐ヶ谷の書道教室で 手ほどきをうけたことがあり、その時の驚きと感激を伝えることの できる体系だった書法ライブを企画してみたかったのです。 今回の会場は東新宿。 どうですか、この書家の素敵な風貌は? 全6…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

「アリカ食とアートの友」鱧(ハモ)と夏野菜、そして北村宗介の書

さて、今回のアートは書道家北村宗介の作品です。 北村宗介は学生時代に空海の書に出会い、書家を目指し、後に書詩家 木村三山に師事、書、篆刻を学んでいます。 展覧会を精力的にこなす一方で、書店の店頭に並ぶ宮部みゆきや山本兼一 の本の題字も書いています。 作品「心月」の解説をしている書家の北村宗介。 横に寝た「月」は平安時…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

来た!還暦

 還暦を迎えた。 子供時代の「還暦」の印象は、おじいさん。 到達してみると、あれ「来てしまった!」という感じ。 60歳。それでも頭は「枯れた爺さん」のイメージを拒否している。 このところの週3日の空手の稽古で身体が大分締まってきているのが救いだ。 入門したのは常心門少林流、5月には海外から多数の支部の参加者も得て BumB(…
トラックバック:1
コメント:4

続きを読むread more

久しぶりの大阪泊と「鯨のはりしゃぶ鍋」

本当に久しぶりの大阪泊でした。 昔昔、1900年代の前半は、ツーカーホン関西という携帯電話事業会社設立の 仕事に携わり、その早期サービスインに向けて、毎週のように東京から応援に 出かけていたのです。 月曜日の午前中に出資元である東京の自動車会社の本社で報告を済ますと、 東京駅で駅弁を買って新幹線で一路大阪へ向かうのです。そ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

未曾有の不況と常心門の空手の稽古

昨年初めに友人の度々の勧めで空手の稽古を始めました。 小柄な私は、若い頃から武道への憧れはありましたが、決して強くなる 空手を目指して始めたわけではありません。 今年、還暦を迎える自分の体力の衰えがとても心配になっていたのと、 筋肉は痩せ細っていく一方なのに、体重は変わらない自分の体型に とても幻滅を感じていたからです。 と…
トラックバック:0
コメント:5

続きを読むread more

携帯電話事業にチャレンジした仲間たちのOB会

1990年代前半、勤務先の自動車会社がなんと携帯電話事業に参入、情報システム部門一筋であった私は、新設された携帯電話事業の推進室に異動。当時は「自動車・携帯電話」という表現が公に使われていて、郵政省が資金力のある自動車会社の参入を促すことはおかしくなかったのですね。新会社のネーミング、ロゴマーク作り、Billing Systemの選定、…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more