「美術家経営の窓」 國學院大學  芸術情報論 オムニバス形式講義

4月25日、國學院大學の文学研究科史学専攻美学美術史
コース  芸術情報論で「美術家経営の窓」というテーマで
お話しをしました。

「自立したプロの美術家になる」
ということを作品の制作という行為から少し離れて、経済、
経営、意識改革、ITといった側面から捉えてみたものです。

画像

会場には谷川渥教授はじめ大学院生、学部生、知人、友人
の社会人の皆さんにご出席いただきました。
1時間半ほどビジネスマンの眼からみた美術産業、美術市
場、美術家の特性を自動車産業や携帯電話産業などと比較
しながら取り上げましたが、結構なスタミナが要るものだと
痛感しました。

画像

少々疲れましたが、若い人達の真剣な眼差しを受けて気分
が昂揚しました。その後の懇親会でのお酒が美味しかった
のは言うまでもありません。

以下は、講義の内容の章立てです。
画像

    クリックすると大きくなります。






ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

なるほど(納得、参考になった、ヘー)

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック