アリカ「食とアートの友」秋ざかなと茸たち、そして弘田一成の油彩画

今回のアーティストは油彩画の弘田一成さん。
展示された作品はいずれも「猿」をモチーフにしたもので大気や
光の粒子の中にそれらが溶け込むように存在している。
作家はそれを至福のイメージ、至福の絵画と感じる。

まずは、会場の展示作品のご紹介。
オランウータンの子供。何かを掴もうと手を伸ばしている。
多数の線の集積が形態を現わしている。
画像


ガラゴという原猿の一種。文様の狭間から、ぬっと顔を出してきている。
画像


思わず作品の説明に力の入る美術家の弘田一成さん。
画像


楽しい歓談。
画像



さて次のテーマは食です。
まずはさっぱりして素晴らしく美味しい大好物の食用菊のおひたし。
画像

画像

そしてイカと大根の煮付け。
画像

次は戻り鰹のたたき。
画像

さらにしめ鯖。
画像

圧巻はこんな立派なまつ茸のホイル焼きでした。
画像

他にもこんな秋の茸たちが食材で勢揃い。
まいたけ、しめじ、エリンギ、ひらたけ、えのきと豊富なバリエーション。
画像

そして超リッチな北海道産の牡蠣の登場。
画像


名酒「越の寒梅」をてにしてに実にこやかなお二人。
画像


そして、垂涎の麦焼酎は「百年の孤独」に二十年貯蔵の「作(ざく)」。
画像


かくして、飲み会も最高潮。

画像

いつしか夜も更けてしまいました。
終電に間に合わないお泊り組みもでた楽しい宴でした。



☆ 「同時代を生きるアーティストを支援し、企業の文化的社会貢献を促進する。」
株式会社システムアリカのURLです。
   http://www.e-artjoy.com
   http://www.arika.net

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック