雑司が谷鬼子母神御会式(おえしき)祭りの後の虚脱感

豊島区雑司が谷鬼子母神の華麗な御会式(おえしき)が行われました。
今年は最終日が土曜日、しかも昼間は暖かな秋晴れで夜祭への出足
が好調で大変な盛り上がりとなりました。

画像


画像



御会式(おえしき)は、もともと日蓮聖人の忌日の法会とのことです。
近くの日蓮聖人を祀った桜の名所でもある法明寺では10月13日に
宗祖御会式を行っていますが、これとは別に毎年10月16日、17日、
18日の3日間に鬼子母神御会式が開催され、江戸時代から伝わる
年中行事としてずっと庶民に親しまれてきました。

かく言う私は11年前にこの地に引っ越してまいりました。

画像


画像


画像


画像



”威光山”の墨書も鮮やかな高張り堤灯を先頭に、500の桜花を25本の枝に
結んだ枝垂れ桜様の華やかな万灯、若者もしっかりと稽古をして腰だめから
一気に振り上げる粋な纏(まとい)、女性陣も軽快なステップで小太鼓を打ち
鳴らす練り歩き、素晴らしい地域上げての秋の一大イベントです。
また、参道の夜店の賑わいは今年も大変なもので、参加した人々は祭りの
熱気と楽しさに酔って、一晩中祭りが続いて欲しいと思うようになるのです。

さて、毎年、最終日には雑司が谷鬼子母神横の弊社オフィスを開放して
楽しい楽しい懇親パーティを開きます。

画像


画像
画像


画像
画像
画像




以下、当日のサマリーです。

パーティ時間
  18時から零時30分     
  * 予定は22時30分まででした。
  
パーティ参加延べ人数
  31名             
  * お客様、作家さん、娘や息子の友達、最大年齢格差60歳ありました。

飲んだアルコール量
  缶ビール(約30缶)
  ワイン  (4本)
  日本酒  (2種類 約1升)
  焼酎   (5種類 約1升)
  グラッパ (ボトル半分)
  * 空き瓶、空き缶を一人ではゴミ捨て場に持っていけない量でした。

食べ物の種類
  野菜スティック
  チーズとクラッカー
  松蔵ポテト
  ナッツ類
  縁日からの購入(たこ焼き、お好み焼き、イカ焼き・・・・・・
  お客様からの手土産
  * 実に多彩で、子供の頃の味も思い出セルのです。

展示したアートの作家さん
  岩切裕子
  吉永豊
  松谷千夏子
  平野米三
  山口健児 
  駒形克哉
  芝章文
  山田宴三 他
  
終わった翌日は、気が抜けたようで1日ぼーっとしていました。
なにか、寂しさが襲って来るんですね。

ご参加いただいた方、大変ありがとうございました。
解散後、さらにカラオケ館に向かった方々、お疲れ様でした。
きっと、朝までだったのでしょうね。

祭り好きの方、酒好きの方、話好きの方、・・・・・・・・・・・
ご興味あれば、来年ぜひ下町の祭りにご参加下さい。   
 

☆ 「同時代を生きるアーティストを支援し、企業の文化的社会貢献を促進する。」
  素敵なアートをあなたに! 株式会社システムアリカのURLです。 
  http://www.e-artjoy.com
  http://www.arika.net




 
 


ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック