PAPAS好きのパパス離れ!

2004年~2006年にかけてPAPAS(パパス)に嵌った。
月に1回は、PAPASショップに顔を出していたように思う。
PAPASはいわゆる熟年カジュアル、高齢者予備軍カジュアルといえるかも
しれない。
着心地の良い素材を使った、だぼっとしたデザインの質の高いカジュアルウェア
で、たいていのデパートには売り場がある。
立派なカタログが届くと、谷啓さん、衣笠さんなどの今でもとても若々しい感性の
方たちや若手の人気スポーツ選手などがモデルで実に粋な着こなしをしている。
それで、「う~ん、良いな!」と、ついその気になって買ってしまうのです。
ふと、記事にしてみようと思って、今もタンスにあるものをざっと数えてみました。
画像

Tシャツ    15着   
長袖シャツ  12着
アロハシャツ  6着
ジャケット    5着
パンツ      6本
ベルト      2本
麻のハンカチ  7枚
綿の靴下   26足
さらに、近所にある遠い親戚のクリーニング屋さんが冬物を預かってくれて
いまして、それを加えるとまったく気が遠くなる。

なんでこんなに買ってしまったのか?
・素材の肌触りの良さ
・デザインの良さ
・好ましいモデルが教えてくれる着こなし
・高級感
・省エネルックの社会的浸透
こんなところでしょうか。
しかし、ここ2年ほどは、ほとんど買いに行っていない。
池袋の某デパートのPAPAS売り場は不思議に思っているかもしれない。

なぜ買わなくなったのか?
・買いすぎた
・パンツ等、細身のものが好ましくなった
・商品がマンネリ化してきている
・カタログの作成、配送にコストをかけすぎている
・販売員にプロとしての努力が欠けてきている

買うほうにもいろいろ事情、変化があるということですね。
きっと自分のビジネスも、そんな視点で見なければいけ無いんですね。
弊社は17日まで夏休みです。
さあ、陽が陰ってきたのでPAPASを着てベランダで植物の手入れです。

☆ 「同時代を生きるアーティストを支援し、企業の文化的社会貢献を促進する。」
  素敵なアートをあなたに! 株式会社システムアリカ

  http://www.e-artjoy.com
  http://www.arika.net





ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック