東京メトロ副都心線開通...雑司が谷界隈ルポ

2008年6月14日(土)、東京メトロ副都心線がとうとう開通しました。
実は1997年以来、雑司が谷の鬼子母神そばのマンションに住んでいます。
マンションの販売業者からは、「10年経ったら地下鉄が開通します。」からと
説明されていましたがピンと来るようになったのは昨年位からでしょうか。
さて、開通2日間、地元の雑司が谷を写真を中心にルポしてみましょう。
画像

この日、池袋に買い物に出ていた私は、記念に切符を買って雑司が谷まで
一駅地下鉄に乗って帰ろうと思い立ちました。
画像

画像

ここでトラブル、駅の構内や入ってくる車両の撮影をしている人たちの熱気に押されて
自分も携帯電話でパチリ、パチリ。
入ってきた電車に飛び乗り、ドアが閉まった瞬間に「次は新宿3丁目に止まります。」
のアナウンス、東部東上線から乗り入れてきたこの車両は急行で雑司が谷は通過です。
さらに悪いことに乗り入れ初日で、オペレーションが上手くいかないのか、各駅の直前で
何回も止まってしまったり、急行が止まってはいけない駅で突然停車したり、乗客もやや
困惑気味でした。
ということで、新宿3丁目の駅から各駅停車であることを確かめ帰ってきました。
画像

新型車両、とても美しいですね。
写真撮影している人が見えますね。「危険ですから身を乗り出さないで下さい!」の
アナウンスが何度も繰り返されていました。
画像

さて、地元雑司が谷では記念のイベントがたくさん企画されていました。
地域を上げての盛り上がりは素晴らしいものでした。
この写真は開通初日の夜、参道から鬼子母神に向かっての万灯や纏の練り歩きは
毎年10月16日~18日に行われる「お会式」のミニ版といった風情でした。
画像

画像

画像

画像

さて、一夜明けていつもの静かな日曜日と違って朝から参詣客で賑わう鬼子母神参道の
ケヤキ並木の風景です。
画像

これは鬼子母神境内の樹齢600年を超えるといわれるイチョウの古木です。
幹周8メートル、高さ30メートルを越すという堂々たる佇まいです。
画像

同じく境内にある1781年創業という看板のかかった駄菓子を売っている上川口屋さんです。
画像

突き当りが本堂です。夕方6時ごろまでは、こんな賑わいが続いていました。
地元の商店街、料理屋さんはこの賑わいを歓迎しつつも一過性のものではないか
という不安があるそうです。
閑静な住宅地を望んで移り住んだ私も、交通の利便性が良くなって嬉しいものの、
一方ではあまり騒がしくなって欲しくないという気持ちも強いのです。
画像

画像

さて、せっかくですので、このあたりを少しご案内しましょう。
春にとっておきの花見が楽しめる法明寺の桜並木です。
画像

次は私の好きなこのあたりの食の名店です。
まずは、つけ麺の「うめもと」さん。味も抜群ですが銀河盛りやブラックホール盛り
といった恐ろしくなるような大盛りが用意されています。
画像

そして、3月にオープンしたばかりですが本格的なフレンチを素敵な雰囲気と
にこやかなおもてなしで楽しませてくれるビストロ「Zousigaya Miyabi」さん。
http://www.zo-miyabi.jp
画像

そして、ご夫婦でとても美味しい本格的手打ちそばを食べさせてくれる「和邑」さん。
画像

皆様も一度地下鉄副都心線の旅「雑司が谷」はいかがですか。
画像




☆ 「同時代を生きるアーティストを支援し、企業の文化的社会貢献を促進する。」
株式会社システムアリカのURLです。

  http://www.e-artjoy.com
  http://www.arika.net




ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

左ウシロを振り返れば
2008年06月16日 17:04
今年のお会式はずいぶん盛り上がりそうですね。
横浜方面からのアクセス良くなったし、最終日土曜だしなあ。
2008年06月16日 17:29
ついに巡ってきた土曜日が最終日のお会式、副都心線開通と相俟って、盛り上がりそう。出店等の関係者は張り切っているんでしょう。警察は今から警備の体制作りが大変そう。ご苦労様です。

この記事へのトラックバック