鯉が跳ねる京友禅染め、PAGONG(パゴン)の極上アロハ!

すごい京土産をいただいた。鯉は川魚の長として、また「鯉の滝のぼり」の
故事から立身出世を意味する吉祥柄とされているそうですが、その出世魚、
鯉を丸紋のように図案化しモダンさを出した絹の友禅染のアロハシャツです。
金色の鯉がたくさん泳いでいます。どうです、素敵でしょう。
左胸のポケットの位置に身体の一部がかかってしまている大きな鯉が見え
ますか?ポケットの布もきちんと図柄を合わせて染めてあるのです。
さらによく見ると、黒地の部分には萬年生きるといわれる長寿の亀もたくさん
いるのです。
                           クリックすると拡大します。    
画像



実は着てみるとこんな感じになるのです。
見た目に美しいシャツというだけでなく、絹の肌触りがなんとも言えず気持ち
良いのです。
画像



この素晴らしいシャツを売っていたのはPAGONG(パゴン)というお店の
三条店だったそうで「パゴン」とはタガログ語できれいな海だけに住み、
幸せを運ぶと伝えられる海亀を意味するそうです。

パゴンさんのホームページを拝見して、いろいろと勉強になりました。
例えば、アロハシャツはそもそも日系移民が持っていた着物で作られた
ものだということ。
また、友禅染は江戸時代、京扇子の絵師である宮崎友禅斎が始めたと
言われていて、複雑な模様を多くの色を使って染める技法で、色と色が
混濁しないように"防染技法"を用いて、多彩で鮮明な模様を染め出すと
いうこと。
さらに、友禅染は白い生地の上に染料で絵を描くごとく模様を染め出すの
に対し(後染め)、西陣織は染められた糸を使って布を織る事によって模様
を描き出す(先染め)ということ等々。
ちなみにパゴンさんのURLは下記の通りです。
http://www.pagong.jp

さて、今年の夏はこのシルクのアロハシャツを着こなして外出するのが
とても楽しみです。

☆ 「同時代を生きるアーティストを支援し、企業の文化的社会貢献を促進する。」
  素敵なアートをあなたに! 株式会社システムアリカのURLです。

  http://www.e-artjoy.com
  http://www.arika.net









 。










ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

こぺん
2008年06月23日 21:32
素敵なアロハシャツだなぁ、どこで手に入れられたのかなぁ、と見とれていました。
今度京都へ行ったらパゴンへ行ってみたいと思います。
2008年07月17日 16:55
こぺんさん向きの良いのが見つかりそうな気がします。ぜひ、どうぞ!

この記事へのトラックバック